Your form has been sent successfully.

Louis Poulsen gives the AJ family a new colour palette

Louis Poulsen pays tribute to Arne Jacobsen

アーネ・ヤコブセンのアイコニックな照明、AJテーブル、フロア、ウォールランプが今年でデザイン60周年を迎えました。ルイスポールセンは偉大な建築家ヤコブセンを称え、これらを新しいダイナミックな色彩で発売します。

色は、物を識別したり整理したりといった実用的用途だけでなく、わたしたちの五感を刺激し、生理的影響を与えます。世界中でポピュラーになったAJシリーズに、これまのでブラック、ホワイト、ペール・ペトローリアムに、次の新たな7色が加わります。ダーク・グリーン、イエロー・オークル、ラスティー・レッド、ミッドナイト・ブルー、オーバージーン(ナス色)、そして中間トーンの2種のグレーです。アーネ・ヤコブセンのデザイン世界に色彩は密接に関係しています。今回のカラー・ラインナップは、AJランプのエッセンスを最もよく引きだすカラーは何かという観点から、注意ぶかく選定されました。

Design to Shape Light

AJランプのデザインの基本はシェードの形で、シリンダー(ソケット部)とコーン(シェード)の2つの幾何学的フォルムで構成されます。光をそれが必要とされる場所に集めるデザインは、ワークライトとしても読書ランプとしても理想的です。

AJランプのユニークな傾きは、シェードのヴォリュームやベース部分に開けられた円形の穴とあいまって、彫刻的クオリティーをはっきり示しています。

Designer Arne Jacobsen

アーネ・ヤコブセン(1902-1971)は、デンマークの最も知られた、高名な建築家・デザイナーのひとりです。彼は、建築デザインの国際潮流を見逃すことなく確実に捉え、そして自らがその潮流の源となることに成功しました。こんにちアーネ・ヤコブセンは、モダニズムの偉大な建築家として評価されています。

彼は膨大な数の仕事をおこない、50年にわたる人生で300以上の優れた建築デザインに携わりました。

1957年、アーネ・ヤコブセンはコペンハーゲンにあるSASロイヤルホテルのためにテーブル、フロア、ウォールランプをデザインし、これらの照明はホテルの全体的デザインの中心的役割を果たしました。AJランプは、ヤコブセンデザインのなかで、最も人気ある照明器具です。

A sense of colour

AJランプは、その彫刻的なデザインで評価を得たランプです。新色のコレクションは、クラシックでありながらモダンな雰囲気のカラーで構成され、どのカラーもAJランプのデザインを際立たせています。

アーネ・ヤコブセンは美的センスが優れていました。建築家の勉強を始める前はアーティストになることが夢であった、彼の美的才能と大胆さは、個性的な色彩センスの作品を生みだすもととなりました。今回わたしたちが、新鮮さと落ち着きを感じさせる色彩で新たにAJランプをリリースすることは、ヤコブセンの考えに寄り添い、彼に敬意を表すものです。

AJランプの詳細 ウェブサイトを見る
Louis Poulsen Reflections 詳細を見る
}