Louis Poulsen A/S

Louise Campbell

Louise Campbell

ルイーズ・キャンベルは1970年にコペンハーゲンで生まれました。デンマーク人の父と英国人の母を持ち、両親の2つの国で教育を受けました。1992年にロンドン・カレッジ・オヴ・ファーニチュアを卒業後デンマークに戻り、デンマーク・デザイン・スクールのインダストリアル・デザイン学科に進み、1995年に卒業。翌年自らのデザイン・スタジオを開設して独立、家具と照明を中心にデザイン活動をおこなってきましたが、最近は他のプロダクトやインテリアデザインにも活躍の場を広げています。 実験的で、遊び戯れるようなタッチを感じさせるキャンベルの作品は、日常のありきたりの生活用品に刺激を加味しているだけでなく、素材や製造プロセスにも新しい方向性を示しており、最近特に高く評価されています。女性らしさ、スカンディナヴィアの合理主義的な側面、そしておそらく二つの国を母国として育った環境が、彼女のデザインに非凡な個性を刻印しており、キャンベルの作品には常に何らかのコントラストが感じられます。

キャンベルのデザイン・スタジオは、商業ベースからは少し離れた活動に意欲的なことでも知られています。展示会のキュレイターやデザイナーとしての仕事以外にも、デンマークのデザイン環境をより高めていくため、ルイーズ・キャンベルはさまざまな活動をおこなっています。30人の家具デザイナーと60社の家具メーカーが参加する "Walk the Plank" という7年以上続くコラボレーションもその一つです。

彼女のスタジオが標榜するデザインルールは次の3つで、つねにゼロから考える、反対のものが正しいと証明されるまではすべてが可能、どんな細かな決定にも正当な理由がなければならない、というものです。

 

ルイスポールセンのためにデザインした 「キャンベル ペンダント」 は、2005年の iF賞 金賞を受賞しています。